不妊治療の卵子提供は高齢出産でも可能!その方法とは?

医師に相談する女性

不妊治療の一つとして注目される卵子提供のメリットについて

妊娠検査薬

不妊治療を続けていても、なかなか結果が出ない場合があります。不妊治療が長引くと、精神的なダメージも蓄積されていき、焦りや迷いも生まれてきます。
どうしても子供がほしい、という場合の選択肢として、卵子提供という方法があります。提供された卵子と、夫の精子を体外受精し、その後、受精卵を妻の子宮に移植するという方法です。妻が高齢であっても、若い女性から卵子提供を受けることで、体外受精の成功率が高まります。
卵子提供のメリットは、卵子を提供してもらっても、出産は妻が行うという点です。妊娠から出産までを体験することで母としての愛情が育まれ、また、文字通り自分のお腹を痛めた子供を授かることができます。代理母のように、生まれた子供の母親はどちらかという問題が起こる心配もありません。
現在、日本国内で卵子提供を受けることは難しく、そのため、専門のエージェンシーを通して海外で提供を受ける女性が急増しています。営利目的で卵子提供を仲介する悪質な医師もいるので、専門エージェンシーに相談・依頼する方が安心です。
卵子提供による妊娠・出産は、不妊治療中の夫婦ばかりではなく、高齢によって二人目の子供をあきらめている夫婦からも注目されています。

卵子提供を活用して憧れの赤ちゃんを

何らかの原因で不妊と診断されたものの、自分たちの赤ちゃんが欲しくてあきらめることができない人も多いのではないでしょうか。そうした方たちに適しているのが、卵子提供と呼ばれる治療法です。卵子提供とは、他の女性から提供された卵子を使って体外受精をするというものです。検査によって健康な卵子のみが提供されるため、不妊と診断された方でも赤ちゃんを授かることができる利点があります。ただしまだまだ提供される卵子の数が少ないため、すぐに治療を受けられるというわけではありません。早めに治療を受けたいのであれば、卵子提供のエージェンシーを活用してください。海外のドナーと結びつけてくれるこのサービスを活用すれば、より早く確実に治療を行うことができます。自身でドナーを探そうと思ってもなかなかうまく行かないものですが、専門のエージェンシーなら多くのコネクションを持っているため解決もスムーズです。この制度は評判も良く、すでに多くの日本人が渡航して赤ちゃんを授かっています。実績も多く、安心して利用できるサービスと言えるでしょう。赤ちゃんを産むには、少しでも多くのチャンスを試すことが大切です。不妊だからとあきらめるのではなく、信頼できるエージェンシーを頼ることをおすすめします。

卵子提供に対する肯定的な意見は日本国内でも増加している

医療技術やテクノロジーの発達によってますます注目を集めている卵子提供に対しては、日本国内においても肯定的な意見が多く見受けられるようになっています。少し前までは倫理的な問題を指摘する声も上がっていましたが、そもそも卵子提供は第三者に対して出産を一任する方法ではありません。夫の精子を利用し、自らのお腹を痛めて出産することができるのですから、不妊治療の切り札として考える人が増えたことは当然と言えますし、それに対する社会的理解が深まっていることも必然として捉えるべきことと言えるでしょう。
日本が少子高齢化の一途を辿っていることは周知の事実です。日本の未来を担う子供の誕生はあらゆる場面で望まれていますし、子供を持つ世帯への負担を軽くする政策や、更なる優遇措置の登場にも今後期待を持つことができるでしょう。それを後押しするかのように、卵子提供を利用する際にかかる費用は一時期と比較して下がっており、ごく一般的な所得のご夫婦でも利用しやすい領域で落ち着きを見せ始めました。代理出産のエージェンシーでは、様々なシチュエーションに合わせた卵子提供プログラムの紹介を行っていますから、時代の流れに乗り、幸せな人生への一歩を踏み出しましょう。


近年メディアでも取り上げられている卵子提供の治療を検討しているなら実績のある【メディブリッジ】に依頼してみてはいかがでしょうか。 安心のサポート体制が整っていますよ!