不妊治療の卵子提供は高齢出産でも可能!その方法とは?

医師に相談する女性

日本人が日本国内で卵子提供を受けるための条件

おもちゃを見つめる赤ちゃん

日本人が日本国内の病院で卵子提供を受けるためには、いくつかの条件を満たさなければなりません。まず第一の条件となるのが、何らかの理由により体内に卵子が無いという場合です。この場合には妊娠することが不可能であるため、卵子提供による治療が認められます。次に、重度の遺伝性疾患が原因で妊娠することが難しいという場合にも、同じ理由により卵子提供が認められます。そして、6回以上の不妊治療を行ったにも関わらず成果が出なかったというケースでも卵子提供を受けることが可能です。このことからも分かる通り、卵子提供は不妊解消の最後の手段としても利用される極めて有効な妊娠方法です。
日本国内で卵子提供を受けるためには、このような厳格な基準をクリアしていなければなりませんが、海外ではここまでの厳しい縛り付けを行っていません。卵子提供を手掛けているエージェンシーは、世界各国に提携機関を設けており、日本国内と同等かそれ以上の医療技術を持つ病院で卵子提供による不妊治療を後押ししています。ドナーは自分自身の希望に合わせて選ぶことができますから、エージェンシーと相談や打ち合わせの機会を設け、最も適した卵子提供の方法を探りましょう。